公園アワード と KST RC (KST ラジオくらぶ)

〇なぜ公園アワードなのか
数十年前からアマチュア無線の移動運用で各地の公園を利用させていただいております。公園が災害時の避難場所に指定されていたり、防災公園として機能するように整備されていたり、計画が進められていたりしております。公園アワードに関心を持っていただくことによって、公園そのものに対してより強い関心を持っていただいたり、造詣を深めていただければと考えております。
また、移動運用に関心を持ち実践することで、災害時に役に立つようなことが学べるかもしれません。


KST RC (KST ラジオくらぶ)とは
名前の由来は以下のとおりです
(K)緊急時や、(S)災害時に、(T)対応できるように準備をしたり、技術を研鑚したり、人材を育てたりするという事をテーマに、普段は、気軽に、参加、楽しもう をモットーに ラジオくらぶとして活動しています。
実際には、アマチュア無線を中心に、移動運用技術やアウトドアスキルの研鑚・各種アンテナの製作、移動用電源(ソーラーパネルの利用やバッテリー・発電機など)の研究や情報交換、青少年の科学技術教室への協力などの活動を行っております。
雑感
○6月14日付のリスト追加で 大多数の町村にPK登録をすることができました。町村にもPK登録をすることについては賛否両論がありました。多くの方々からのご要望や、公園に対して関心を持っていただけるのならば多い方が良いのではないか、という意見もあり、町村にもPK登録をすることにいたしました。地域によっては情報の少ないところもあり、PK未登録の町村もまだございます。PK未登録の町村の地域情報をお知らせください。
スタートから半年が過ぎ公園アワードもかなり認知されるようになってきました。大勢の方々に楽しんでいただいているようです。工夫を重ねながらいろいろな試みができればと思っております。今後も公園アワードをよろしくお願いいたします。
 
○2月11日付のリスト追加で、ひとまず追加の作業は休止となりました。アワード委員会の会議でしばらく様子を見ましょうということになったからです。2月11日の今回の追加で、ほとんどの行政区に公園が登録となりました。
大局的にみると、だいぶアンバランスなリストになっています。バランスのよいリストを作成するのはなかなか困難です。
リスト作りを通して全国各地の名前の呼び方を勉強させていただきました。地名はなかなか読めませんね。では皆様、公園アワードをお楽しみください。
 
○公園アワード ライセンスフリー部門が新設されました。近年ライセンスフリーワールドを楽しむ方々が増えてきました。CQ誌にも[ライセンスフリーワールド]というページが開設されています。皆さんは参加していただけるでしょうか。期待したいところです。
KSTラジオくらぶはアマチュア無線限定のくらぶではないので、ライセンスフリー部門賞も提案に問題はないと思っておりますが・・・。
ご意見によっては、廃止も視野に入れております。 
○ハンディトランシーバー(5W以下)部門が提案されたので、追加しました。
○特記にQRPの追加の要望がありましたので追加しました。 
○公園アワードのプリントアウトされた大きさが B6 で中途半端だというご指摘を受けました。A4の賞状はたくさんあって飾りきれないということのないよう、小さくしてあります。100円ショップでケースや額を購入し入れてみてください。かなりFBですよ。どうしてもという方は拡大してプリントアウトしてください。 
○道の駅アワードでも問題になったようですが、移動運用の場合、公共の場であるということを強く認識して行動していただけたらと時々感ずることがあります。利用エリア占有問題と騒音問題です。騒音問題に関してでは、、自分の立てている音に対して自分の感受性は著しく落ちる、ということを理解しなければなりません。また、無線機のスピーカーから出てくる音は、一般の方々には雑音としか聞こえません。それどころか騒音にさえ聞こえるようです。
大きなアンテナを使用したり、発電機を使用したりしなくても、工夫すればかなりの活動が行えるのではないでしょうか。小型の設備でどこまでQSOできるかなどとトライするのも楽しみの一つです。移動運用や各種アワードに対して非難されないよう、アマチュア無線を楽しみたいものです。 
 
〇新しいアワードの提案はとても大変だと、アワードをすでに出している他のクラブの方々から お聞きしてはいましたが、本当に大変だ!ということを実感しています。 何か行動を起こせば必ず賛否両論が起きます。しかし、躊躇していても何もスタートしません。半世紀にわたってアマチュア無線を楽しみ、アマチュア無線から得るものも多大でした。純粋な気持ちで、少しでもアマチュア無線の活性化にお役にたてればと思い活動しています。子供さん相手の電子サーキット作成教室のお手伝いもさせていただいております。時代の変化とともにさらにアマチュア無線も変わっていくのでしょうか。衰退でなければよいと思うのですが・・・。わがクラブにも中学生がおりますが、今後長くアマチュア無線を楽しめるような局長さんに育ってほしいと個人的には切望しております。
アワードのあり方に数十年前から疑問を持っていました。UAの新しいアワードの方法に出会ったとき、驚きと、時代の変化を感じました。アワード提案のヒントになりました。
つまるところ、アマチュア無線を楽しむということは自分次第であるということだと思います。[たかが無線、されど無線]などと、メンバーとよく話しております。
アワードとしては非常に未熟で、不具合もたくさんあり、ご批判もいただいております。皆様方には本当にご迷惑ばかりおかけしています。お許しください。
新提案のアワードですので、ぜひあたたかい心でサポートをお願いいたします。参加していただける皆様からサポートしていただき、アワードが育っていければと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。
 
  (以上白地の個所は、あくまて゜も委員長個人の意見で、委員会の総意ではありません)
 この雑感に対してご意見をいただいた場合、ご返事できるかどうかわかりません。ご了承ください
 もどる